フィリピン、電子たばこ禁止へ 大統領「健康守る」

 フィリピンのドゥテルテ大統領は、電子たばこの使用と輸入を禁じる方針を表明した。「電子たばこは有害であり、政府には国民の健康を守る手だてを講じる権限がある」と述べ、公共の場での使用者を逮捕するよう当局に命じた。

 近く正式に大統領令を出す。ドゥテルテ氏は2017年、国内全ての公共の場所で通常のたばこを吸うことを禁止しており、健康増進を理由に再び大なたを振るう。

 保健省によると、半年ほど電子たばこを使っていた10代の少女が10月、ひどい息切れを訴え、肺疾患と診断された。少女は通常のたばこも吸っていたが、保健省は電子たばこが関係する疾患の確認は初めてとしており、ドゥテルテ氏の判断に影響したもようだ。

 保健省によると、フィリピン国内には約100万人の電子たばこ使用者がいる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細