ファミマ、不振店を再生へ 来年に新部署設置

 コンビニ大手のファミリーマートが、販売不振にあえぐ店舗のてこ入れを目的とした新部署を来年設置することが13日、分かった。

フランチャイズ加盟店が事業継続を断念した場合に、本部が直営店化して経営を立て直す。事業が軌道に乗れば、再びフランチャイズ化を目指す。

 コンビニは競合店の増加などで、経営が難しい加盟店などもある。既存店の再生を図り、新たな成長モデルを探る。

 コンビニを巡る経営環境は厳しい。ファミマの沢田貴司社長は「コンビニは飽和状態。既存店の健全経営が全ての前提だ」とし、加盟店支援を強化している。セブン-イレブン・ジャパンやローソンも今期は出店数を抑制し、既存店への投資を進めている。

会員限定記事会員サービス詳細