松坂大輔「家に帰ってきた感覚」 14年ぶり西武復帰で会見

入団記者会見で質問に答える西武に復帰する松坂大輔投手=11日、東京都内のホテル
入団記者会見で質問に答える西武に復帰する松坂大輔投手=11日、東京都内のホテル

 14年ぶりにプロ野球西武に復帰した松坂大輔投手(39)が11日、東京都内のホテルで会見。「早くライオンズのユニホームを着たい。(西武から)声をかけてもらい、何も(入団を)迷うことがなかった。家に帰ってきた感覚」と語った。

 日本球界に復帰して以降、ソフトバンク、中日と渡り歩いたが、2006年以来の古巣復帰。剛速球で勝負していた当時と比べ、「球も遅くなったし、やりたくなかった動かすボールも投げるようになった」としながらも「それでも100%の力を出してチームに貢献したい」と意欲を見せた。

 松坂は西武に1999年、ドラフト1位で入団。1年目で16勝(5敗)をマークし、新人王に輝いた。06年まで在籍し、108勝している。日米通算170勝(108敗)を挙げている。

 日米通算200勝にあと30勝だが、「難しくない数字だと思うが、ここ数年のこと考えると難しくないのか、と思う。諦めることはしたくない」と意欲を見せた。

 藤川(阪神)ら同世代の活躍について「その姿にパワーをもらっているし、尊敬もしている」と語った。

 今後の目標について「一年一年の過ごしていく中でプレーする期間が延びていったらいいですね」とした。

会員限定記事会員サービス詳細