鯨類研究の第一人者、大隅清治氏の遺言(下)「捕鯨は自然の生産力を活用する営み」

鯨類研究の第一人者、大隅清治氏の遺言(下)「捕鯨は自然の生産力を活用する営み」
鯨類研究の第一人者、大隅清治氏の遺言(下)「捕鯨は自然の生産力を活用する営み」
その他の写真を見る (1/4枚)

 11月2日、89歳で急逝した日本鯨類研究所(東京都中央区)の名誉顧問、大隅清治氏は半世紀以上にわたり、世界の鯨類研究の発展に貢献してきた。大隅氏は7月下旬、産経新聞と英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」とのインタビューに応じ、今年7月に国際捕鯨委員会(IWC)を脱退した日本が進むべき道やクジラと人間の関係を語った。捕鯨は自然の生産力を活用する営みだとし、「クジラを食べましょう」とのメッセージを残した。上下2回に分けて掲載するインタビューの後半は以下の通り。(聞き手=JAPAN Forward編集長、内藤泰朗)

商業捕鯨でなく持続捕鯨

--いよいよ商業捕鯨が再開しました。

「私は、実は商業捕鯨という言葉が好きではないのです。誤解を与えていると思います。商業主義でクジラを捕る、お金もうけのためにやっているかのようなイメージを、反捕鯨の人たちはつくっている。しかし、そうではないんです。クジラという大切な資源を潰さないように持続的に利用するというのがこれからの捕鯨なのです。人間が管理することが必要なのです。捕鯨を止めれば、それですべての問題が解決することはないのです。だから、持続捕鯨と言った方が的確なのではないかと思います。決して、商業捕鯨ではないのだということです」

「これからは利潤を追求するような捕鯨ではないと思います。かつて欧米は、鯨油をとるために本当に無駄な捕鯨をしていました。これからはそんなことはあり得ないのではないですか。商業捕鯨の復活という表現で言われますが、私はしっくりとこないのです。日本政府まで、商業捕鯨の再開という言い方をしている。私は違うと思います。誤ったイメージを植え付けてしまいます」