男子団体、合格点の2位 スピードスケート男子団体追い抜き

 男子団体追い抜きで2位となった日本。前から一戸誠太郎、ウイリアムソン師円、土屋陸=トマショフマゾウィエツキ(AP)
 男子団体追い抜きで2位となった日本。前から一戸誠太郎、ウイリアムソン師円、土屋陸=トマショフマゾウィエツキ(AP)

男子団体追い抜きの日本は2位。中軸となる一戸は「本当に合格点のレースだった」と声を弾ませた。

経験豊富な一戸とウイリアムソンに、初参戦の土屋陸が組んだ。優勝したオランダと同走で、中盤ではリードを奪うなど健闘。土屋陸は「すごく不安があったが、先輩たちに助けられて良かった」と相好を崩した。

個人種目を優先し、大会前の3人での練習時間は限られていた。ウイリアムソンは「伸びしろがある中で表彰台に乗れたのは良かった」と話した。(共同)