丸山と阿部は反対ブロック 柔道GS大阪組み合わせ決定

 22日に開幕する柔道のグランドスラム大阪大会(丸善インテックアリーナ大阪)の組み合わせが21日に決まり、男子66キロ級で世界王者の丸山城志郎(ミキハウス)と昨年まで2年連続世界一の阿部一二三(日体大)は反対ブロックに入り、決勝まで対戦しない。

 世界選手権2連覇で女子52キロ級の阿部詩(日体大)は1回戦から登場。準決勝で志々目愛(了徳寺大職)と当たる可能性がある。女子78キロ超級で初の世界一となった素根輝(環太平洋大)は2回戦で初戦を迎える。

 男子100キロ超級で五輪2連覇のテディ・リネール(フランス)は欠場。同81キロ級の元世界王者で、今夏の世界選手権で敵対するイスラエル選手との対戦を棄権するようイラン政府から圧力を受けたサイード・モラエイは、国際柔道連盟(IJF)の難民選手団としてエントリーした。

会員限定記事会員サービス詳細