国民・玉木代表、森議員の個人情報公開問題で陳謝 - 産経ニュース

メインコンテンツ

国民・玉木代表、森議員の個人情報公開問題で陳謝

国民民主党・玉木雄一郎代表(春名中撮影)
国民民主党・玉木雄一郎代表(春名中撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎代表は20日の記者会見で、同党の森裕子参院議員が政府の民間有識者の住所をインターネット上などで公開した問題について「結果として個人情報が出てしまったことは申し訳ない。参院幹部からも森氏に注意したと聞いている。党全体としても今後、こういうことがないように気をつけていきたい」と陳謝した。

 また、森氏の質問通告問題については「少なくとも要旨は申し合わせの時間までに(参院委員部へ)出ていたという結論だ」と述べた。同時に「結果として霞が関の(官僚の)皆さんを遅くまで、台風の接近が言われている中で待たせることになり、改めていくべきところも多々ある」と指摘。党として質問通告の在り方を含めた国会改革案を取りまとめる考えを重ねて示した。