速報

速報

日本、PK戦の末敗れる 初の8強ならず

陸自の最新戦車からサイバー対策まで…日本初、防衛装備見本市が開幕

陸自の最新戦車からサイバー対策まで…日本初、防衛装備見本市が開幕
陸自の最新戦車からサイバー対策まで…日本初、防衛装備見本市が開幕
その他の写真を見る (1/2枚)

 国内初となる総合的な防衛装備品の見本市「DSEI Japan」が18日、千葉市の幕張メッセで開かれた。日本企業約50社、海外企業約100社が出展。日英両政府が支援し、防衛分野での日本企業の国際競争力強化や、海外企業のアジア市場開拓につなげる狙いがある。20日まで。

 DSEIは英国で2001年から、2年に1回開かれる世界最大級の見本市で、陸海空の装備に加え、テロやサイバー攻撃など安全保障に関わる全ての分野を扱う。英国外での開催は今回が初めてとなる。防衛装備庁は陸上自衛隊の10式戦車などを展示した。

 開会式では、元防衛省事務次官でDSEI Japan実行委員長の西正典氏が「内外の会社が集まり、新しいビジネスにつなげる機会になるということが重要だ」とあいさつした。各企業のブースには戦闘機やミサイルの模型や、ドローン関連の精密機械などが展示され、企業や各国軍部の関係者が興味深そうに説明を受けた。

 武器輸出の促進を図る英国の国際貿易省がブースを出展。三菱重工業や川崎重工業などの国内防衛産業大手に加え、英BAEシステムズ、米ロッキード・マーチン、イスラエルやカナダ、インドなど各国の企業も名を連ねている。

会員限定記事会員サービス詳細