浪速風

品性が問われる「イートイン脱税」

「たとえ1円でも犯罪や!」という人もいれば、「そんなめくじらを立てんでも…」という人もいる。最近、話題のイートイン脱税だ。軽減税率をめぐり、コンビニやカフェなどのレジで「テークアウト」と告げて8%の税率で支払い、そのまま店内で飲食する人が後を絶たないらしい

▶外食扱いなら10%だ。きちんと支払っている人が不公平だと思うのも仕方がない。といってたとえ一目瞭然だったとしても、店側にその責任を負わせるのも気の毒だ。客に向かって「2%分の消費税も払ってください」とはなかなか言えないだろう 

▶きれいごとをいうようだが、本来はモラルの問題である。納税は義務だ。芸能人や企業の脱税が問題になるが、そこには自分だけがトクをしようという、豊かではない精神がある。昔からいうではないか。お天道さまが見ていると。今週は「税を考える週間」だそうだ。教育改革もいいが、正しく生きるということを学びたい。