免許返納が急増 池袋暴走、高齢ドライバー対策の転換点

自治体もタクシー券の支給やコミュニティーバスの運行などの対策を進めるが、追手門学院大の東正訓(ひがし・まさのり)教授(交通心理学)は「利便性はマイカーに劣り、効果には限界がある。自動運転技術が期待されるが、現状では運転条件に医師の定期診断などを導入するのが現実的だ」と指摘する。

会員限定記事会員サービス詳細