一般家庭出身の歌舞伎の星 中村梅丸が初代中村莟玉に

「僕は師匠(梅玉)の演じる二枚目が大好きで、中でも虎蔵はぜひ、演じてみたいお役でした。披露狂言を聞き驚きましたが、教わる幸せを感じます」

梅丸時代は、女形のイメージが強かったが、今回のような立役(男役)にも憧れている。「欲張りなのでしょうが、自分で(可能性を)たってしまうのはもったいない。受けいれていただけるなら、今後も勉強していきたい」

世襲のイメージが強い伝統芸能の世界だが、莟玉は一般家庭出身者の星として「菊畑」の劇中、改名にあたり決意を口上で述べている。熱意と努力で自ら道を切り開いてきた若手の門出に、客席からも祝福の拍手が送られている。

公演は25日まで。問い合わせはチケットホン松竹0570・000・489。(飯塚友子)

会員限定記事会員サービス詳細