「河井氏は議員辞職を」 社民、又市党首 政権には総辞職求める

社民党・又市征治党首(春名中撮影) 
社民党・又市征治党首(春名中撮影) 

 社民党の又市征治党首は31日の記者会見で、河井克行法相が辞任したことについて「国会議員を辞職すべきだ」と批判した。菅原一秀前経済産業相に続く閣僚の辞職となったことから、「安倍(晋三)政権の任命責任を問う。総辞職に値する」とも述べ、厳しく追及する姿勢を示した。

 又市氏はまた「安倍政権は政治不信を次々と作り出している。議会内の多数にあぐらをかいたおごりだ」と非難。予算委員会などで追及していく考えを示した。