志位氏「内閣総辞職に値する異常事態」

 共産党の志位和夫委員長は31日の記者会見で、閣僚の辞任などが相次ぐ現状について「前代未聞の内閣総辞職に値する異常事態だ」と強調した。「野党が連合政権をつくるという断固たる構えを共有し、安倍晋三政権を倒して新しい政治をつくるときが来た」とも述べた。

 ただ、内閣不信任案提出については「今後の安倍政権の対応を見て、さまざまなことを判断する」と述べるにとどめた。