トイレの床拭き要求、階段で危険行為…見過ごされたSOS いじめ「重大事態」過去最多に 

 全国の小中高校などで起きるいじめのうち、命の危険にも結びつく「重大事態」が急増している。文部科学省の調査によると、平成30年度の重大事態の発生件数は前年度より128件増え、過去最多の602件に上った。最初は悪口程度だったのが放置され、次第にエスカレートするケースも少なくないようだ。階段で背中を押す、トイレの床を拭かせようとする…。被害児童のSOSは、なぜ見過ごされたのか-。

■骨折や視力障害に

 「もはや『いじめ』という言葉で片付けられるものではない…」

 今年6月、大阪府吹田市の小5女児の保護者がこう訴えた。

 女児がいじめを受けたのは1、2年生の頃。市教委の第三者委員会がまとめた報告書によると、同級生の男児5人から体格を中傷するようなあだ名をつけられた上、ボールをぶつけられる、私物を壊される、掃除用具入れに閉じ込められる、階段の途中で体を押される、自宅に上がり込まれて暴力をふるわれる…といった、悪質な行為が1年半にわたり繰り返された。

 関係者によると、女児は学校のいじめアンケートで被害を訴えたが、情報は共有されなかった。その結果、骨折したり心因性視力障害、心的外傷後ストレス障害を発症したりし、学校に行けなくなってしまった。

 どうしてここまで放置されたのか。大阪府教育庁の担当者らによると、女児の学級では複数の児童トラブルがあり、女児へのいじめが見えにくくなっていた上、担任の教員が一人で抱え込んでしまったことが、原因の一つだった。

 「被害児童からのSOSはどのような形で出るかわからない。教員が個人で解決しようとせず、組織で対応するよう指導している」と、担当者は話す。

■5年連続で悪化

 平成23年に大津市で起きた中2男子のいじめ自殺事件を受け、25年に制定されたいじめ防止対策推進法では、重大事態として心身などに大きな被害が出る「1号事態」と、長期欠席を余儀なくされる「2号事態」を規定している。

会員限定記事会員サービス詳細