【ふなっしーコラム】「ちばちばふなさんぽ」第8回・台風復旧にかける思い 日本人の強さを見せるときなっしー♪ - 産経ニュース

メインコンテンツ

ふなっしーコラム

「ちばちばふなさんぽ」第8回・台風復旧にかける思い 日本人の強さを見せるときなっしー♪

【ふなっしーコラム】「ちばちばふなさんぽ」第8回・台風復旧にかける思い 日本人の強さを見せるときなっしー♪
【ふなっしーコラム】「ちばちばふなさんぽ」第8回・台風復旧にかける思い 日本人の強さを見せるときなっしー♪
その他の写真を見る (1/4枚)

 産経新聞の読者の皆さんこんなっしー♪ 船橋市非公認の梨の妖精ふなっしーがぜひ訪れてもらいたい千葉の名所やお店を紹介するコラム「ちばちばふなさんぽ」。今回は前回に引き続き、いつもと内容を少し変更して話していくことにしたなっしー。

 まだまだ台風15号の被害が続く中、台風19号でさらに各地で被害が拡大してしまったなっしー。このたび台風19号で被害に遭った皆さまに改めてお見舞い申し上げますなっしー。

 2つの台風で日本が大きな被害に遭って、ふなっしーにも何かできることはないかとずっと考えていたなっしー♪ ふなっしーが被災地の現場に行ってもブルーシート張りはできないけど、寄付を募ることやイベントを開催して千葉に人を呼び込むことはできると気づいたなっしー♪

 毎年イベントをしているマザー牧場も停電や突風で大きな被害があったけどみんなで力を合わせて復旧したと聞いたなっしー。そこで「何かお手伝いすることはありませんか?」とボランティアでのイベント開催を持ちかけたら、マザー牧場もとても喜んでくれて、「ぜひお願いしたい」とすぐにOKしてくれたなっしなー♪

 ちょうどマザー牧場が千葉県民のために無料開放しているときだったので気軽に遊びに来て、おみやげを買ったり食事を楽しんでほしいと思ったなっしー♪ 

 マザー牧場は19号でも少し停電したけど、15号の経験があったのですぐに復旧できたなっしー。千葉の人も備えがあったから準備に少し余裕を持つことができて、被害を最小限に抑えることができたなっしー。今回の2つの台風を教訓にしなければいけないということなっしなー。3日~1週間程度の水、食料、カセットコンロ、モバイルバッテリーを必ず用意しておくなっしー。台風のあとは晴れることも多いので、ソーラーパネル付きのバッテリーでも良いかもしれないなっしなー。

 19号の大雨で前に紹介した鷹匠橋の下を流れる海老川も氾濫危険水位まで水面が上昇していたなっしー。これから日本はきっと台風が来やすい気候に変化していくなっしー。「また次も必ず来る」という気持ちで備えを尽くすしかないなっしなー。19号のように河川が氾濫する場合もあるので、河川の近くに住む人は迷わずすぐに高台へ避難することも大切なっしー。大事な人を守るために事前に避難場所を決めて、いち早く避難する決断をすることがとても重要なっしー。

 できることを少しずつみんなで支え合っていくことが大事なっしー♪ 大昔から日本は天災に悩まされて、そのたびに立ち上がってきたなっしー。その日本人の強さを今こそ見せるときなっしー♪ まずは千葉県内で被害のない場所は被害のあった場所を助けてあげてほしいなっしなー。遠方の人も寄付などで応援してくれているなっしー。今まで縁がなかった近所の人たちともこういうときこそ手を取り合って、みんなで復旧に向けて頑張ろうなっしー♪

 毎月27日(ふなの日)正午ネットアップ予定。同日午後8時からはふなっしー公式動画サイト274ch.(ニイナナヨンチャンネル)で「ふなふなブシャらじお」(http://274ch.com)も生配信中。

 このコラムが載った千葉県版の購入を希望される方はフリーダイヤル0120・34・4646(平日9時半~17時半)。ただし、数に限りがあるため、ご用意できない場合もあります。