負けるもんか

がん・ぜんそくと闘う医師 前田恵理子さん 不屈の人生で「救いを」 患者へのメッセージ 

がんと闘いながら、東大病院に医師として勤務する前田恵理子さん(古厩正樹撮影)
がんと闘いながら、東大病院に医師として勤務する前田恵理子さん(古厩正樹撮影)

 東大病院に勤務する前田恵理子さん(42)は日々、がんに向き合っている。放射線科医として、そして「がん患者」として。

 平成27年2月。自分の目で、肺に影を見つけた。手術の結果、肺の外側の膜に到達している進行がんと判明。5年生存率3割という数字を突き付けられた。

 「自分がいなくなったら、4歳になったばかりの長男と夫はどうなるのか」という絶望感。それはすぐに、がんと闘う決意に変わった。「3割あればクリアできる。絶対に勝つ」

 仕事をしている病院で治療を受ける。8~9月には、4回目の再発に対して放射線治療を受けた。闘いはまだ途上だが、「5年」まで半年を切っている。

■ ■ ■

 がん以外の病ともつきあってきた。

 父の転勤の都合で、小学5年から暮らしたオランダでぜんそくを発症。帰国直後の中3の1年間には発作が頻発、8回の入院を繰り返した。夏休みに救急車で呼吸が止まり、死線をさまよってからは、薬でコントロールができなくなった。

 「酸欠で考えられない。生きているので精いっぱいだった」。編入した中高一貫の桐蔭学園(神奈川)での数学の順位は当初、760人中730位。それが高2のときには総合成績で学年トップになり、卒業まで譲らなかった。

 努力の原動力は、医者になるという夢だった。

 「小4のときに買ってもらった顕微鏡で自分の赤血球などを見て、言いようのない感動を覚えた」

 東大医学部に現役で合格した。だが、解剖用の脳を漬けるホルマリンや、多忙な臨床実習の影響で、在学中にぜんそくが悪化。30代まで約8年、重さ約5キロのボンベをカートでひき、酸素を吸入しながら日常生活を送ることになった。

■ ■ ■

 それでも、やりたいことには妥協しなかった。相棒のボンベを「ポチ」と呼んだ。外食、旅行、スポーツジムなど、物おじせずに外出した。バイオリンの奏者として、オーケストラの舞台にも数多く上がった。

会員限定記事会員サービス詳細