現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

10月24日

 リオデジャネイロ・パラリンピックの終了直後に安楽死する。ある欧州メディアの報道により、ベルギーの車いす陸上の女子選手、マリーケ・フェルフールトさんは急遽(きゅうきょ)、記者会見を開かなければならなくなった。

 ▼前回のロンドン大会と合わせて、4つのメダルを獲得していた。彼女が闘っていたのは、筋力が衰える進行性の脊髄の病気である。断続的な痛みで夜もほとんど眠れない状態だった。

 ▼ベルギーは安楽死が合法化されている。フェルフールトさんはすでに、医師から許可を得ていることを会見で打ち明けた。ただ「その時はまだ来ていない」と報道を否定していた。その時が来た22日、自宅で医師の投薬を受けて亡くなった。40歳だった。

ランキング

  1. 【一筆多論】国葬反対派に透けてみえる邪心 社民も水面下で影響力 坂井広志

  2. 【正論】現実を直視しない日本が心配だ 龍谷大学教授・李相哲

  3. 【産經抄】10月4日

  4. 【風を読む】猪木さんの素顔 馬場さんとの関係は? 論説副委員長・別府育郎

  5. 【沖縄考】ハーフ牧師の波乱万丈人生 壮絶ないじめ、教員の侮辱… 那覇支局長・川瀬弘至

  6. 【主張】ルビーロマン 「本家」の知的財産を守れ

  7. 【スポーツ茶論】忘れられた「天才少年」の育成に学ぶ 北川信行

  8. 【主張】首相の所信表明 国難の危機感伝わらない

  9. 【ポトマック通信】ここは鉄道後進国?

  10. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行<3>「軽食は?」召し上がりますとも

会員限定記事