「独特で美しい」大阪・道頓堀の大型モニターで放映 外国人観光客も見入る

 「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」が執り行われた22日、大阪・ミナミの道頓堀にある大型の屋外モニターで儀式の様子が流され、買い物客や外国人観光客らが見守った。

 午後1時過ぎ、天皇陛下が玉座「高御座(たかみくら)」に上がり、即位を宣明される様子がモニターに映ると、周辺にいた人々は足を止め、陛下のお言葉に聞き入った。

 群馬県から友人2人と観光中の小板橋暁子さん(78)は「陛下のお言葉に感激。令和が平和で良い時代になればと思う」と話していた。

 一方、大勢の外国人観光客も興味深そうに画面を見たり、写真を撮ったりしていた。ポーランドから旅行で来たというエウァさん(65)は「独特で美しい儀式だった。思いがけず見ることができてうれしい」と笑顔だった。