オリックス1位指名の宮城「目標は山本昌さん」 沖縄・興南高

オリックスの福良淳一GM(左)から1位指名あいさつを受けた宮城大弥投手=20日午後、那覇市の興南高
オリックスの福良淳一GM(左)から1位指名あいさつを受けた宮城大弥投手=20日午後、那覇市の興南高

 プロ野球のオリックスから1位指名を受けた沖縄・興南高の宮城大弥投手が20日、那覇市の同校で球団の福良淳一ゼネラルマネジャー(GM)らから指名あいさつを受けた。面談後、記者団に「息の長い、勝てる投手になりたい。(元中日の)山本昌さんのようになりたい」と意気込みを語った。

 福良GMは「落ち着いている。うちの柱になってもらう期待がある。あれだけのボールを投げられる投手はなかなかいない」と語った。西村徳文監督の色紙とオリックスの帽子などを渡したという。

 宮城投手は150キロに迫る直球とスライダーが武器の左腕で、1年から2年連続で甲子園に出場。3年夏の甲子園出場は逃したものの、大リーグ・ダルビッシュ有投手(カブス)が7月に「興南の宮城投手いいわぁ。投げ方、球筋、総合的に好きすぎる。俺あんなピッチャーになりたかったわぁ」とツイッターに投稿した。

 ダルビッシュ投手の評価について、宮城投手は「自信にはなるが、浮かれたらどん底までいってしまう。レベルアップできるようにがんばりたい」と強調。大リーグ挑戦に関しては「まだ考えていない。まずは目の前のプロ野球に集中して、もっとがんばれるんだったら大リーグを考えたい」と語った。