河野防衛相、集団的自衛権行使判断は「宇宙でも違わない」

 河野太郎防衛相は16日夜のBSフジ番組で、宇宙空間における他国への攻撃についても、集団的自衛権の行使が可能な「存立危機事態」と判断する可能性があるとの認識を示した。

 集団的自衛権の行使に関して「宇宙においても存立危機事態かどうかで判断するのか」との司会者の質問に、「陸上と海上で違わない。地球上と宇宙で違うかといえば、それは違わない」と答えた。

 安全保障関連法は、存立危機事態を「日本と密接な関係にある他国への武力攻撃が発生し、これにより日本の存立が脅かされる事態」と規定している。