ヤミ金経営容疑 男11人を再逮捕

 全国の中小企業の会社社長らを相手にヤミ金融を営み、法外な利息を受け取ったとして、千葉、岩手両県警の合同捜査本部は16日、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、東京都豊島区南池袋のコンサルティング会社経営、高橋正成容疑者(50)と従業員だった男ら計11人を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年10月~今年4月ごろ、「HIDAKA商事」などの名称で無登録の貸金業を営み、兵庫県や北海道などの会社社長7人に現金計約1075万円を貸し付け、法定利率の8~36倍に当たる計約264万円の利息を受け取ったとしている。

 男らは先月25日にも同容疑で逮捕されている。

会員限定記事会員サービス詳細