ロシアを読む

理想的な美に異議 ロシア女性ブロガーに共感広がる

“標準的な美”に疑問を呈するため、ロシア人女性ブロガーのトゥーシャさんが投稿した動画。寝そべった女性の後ろで、首をかしげている金髪の女性がトゥーシャさん=動画投稿サイト「ユーチューブ」から
“標準的な美”に疑問を呈するため、ロシア人女性ブロガーのトゥーシャさんが投稿した動画。寝そべった女性の後ろで、首をかしげている金髪の女性がトゥーシャさん=動画投稿サイト「ユーチューブ」から

女性は美を追求すべきだ-との風潮に異議を唱えようと、ロシア人女性ブロガーが「女性は自分の外見に悩むべきではない」と訴えるプロジェクトをインターネット上で始めた。すぐに共感を呼び、SNS(会員制交流サイト)上では女性が続々とスッピン写真などを投稿。動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開された動画にも6000件近くのコメントが付いている。反響の背景には、ロシア人の美意識の変化や、女性を男性の付属物とみなす男性中心主義的なロシア社会への反発があるとする分析も出ている。

(モスクワ 小野田雄一)

「ありのままの自分」プロジェクトを始めたのは、女性ブロガーのトゥーシャさん。写真共有SNS「インスタグラム」に120万人、ユーチューブに20万人のフォロワー(支持者)を持つ、いわゆる「インフルエンサー」(社会的影響力を持つ人物)だ。

過去に摂食障害に苦しんだ経験から、美容業界などが掲げる理想的な美に疑問を持った。体形や肌の色、シミ、傷痕などを化粧や写真加工などで隠さずにそのまま肯定すべきではないか-。こう考え、プロジェクトを立ち上げた。

9月26日にユーチューブで公開した動画「体の肯定・どうやって自分を愛するか」(https://youtu.be/EzuoTUK-oFE)で、トゥーシャさんは冒頭にこう問いかける。

「世界には35億以上の女性がいて、それぞれ別の体を持っている。しかし広告やメディアは、正しい美と正しくない美があるという。そのせいで女性の2人に1人が(ダイエットなどで)自分の体を変化させようとしている。何に一致させるためなの?」

動画には、体形や歯並び、鼻の形、顔の赤らみ、胸の大きさ、肌の色、やけどの痕、毛髪など自分の体にコンプレックスを持っていたという女性10人以上が登場。以前は化粧やかつら、整形・豊胸手術などで隠していたと告白した上で「これが自分だけの体だと肯定したら楽になった」と晴れやかな表情で話した。