文化庁長官、芸術祭への補助金不交付「見直す必要ない」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

文化庁長官、芸術祭への補助金不交付「見直す必要ない」

 宮田亮平文化庁長官は15日の参院予算委員会で、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付決定について「理由は申請者が事業の円滑な運営を脅かす重大な事実を文化庁に全く申請しなかったことによる。不交付決定を見直す必要はない」と答弁した。

 宮田氏は「表現の自由は極めて重要だ」と強調し、「今回は申請者の手続き上の問題であり、誤解が生じるなら理解を得られるよう努力する」とも述べた。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長に対する答弁。福山氏は、国の補助事業に採択した後、不交付を決定したことについて「手続きに瑕疵(かし)があり、表現の自由への介入の恐れがある」と批判した。