浪速風

日本は世界最古の君主国

〈文開く衣の袖はぬれにけり海より深き君が美心(まごころ)〉 誰が詠んだ歌かご存じだろうか。「君」を恋しい人と読めば情熱的な恋歌だろうし、君主とか主君とかと受けとれば主人の徳に触れて感動した忠義の歌である

▶今は学校でも教えないが、日本は世界最古の君主国だ。記紀によれば、2679年続く天皇を戴いている。歴史をひもとけば、政治が行き詰まると天皇を中心とした政治体制に戻ろうとする歴史ばねが働くことがわかる。乙巳(いっし)の変・大化の改新しかり、建武の新政しかり、そしてまた明治維新もこの法則に従った政変である 

▶冒頭の和歌は江戸幕末の風雲児・坂本龍馬のものだ。米国帰りの勝海舟に師事し、大統領制の米国を一つの先例にして日本の洗濯をしようとした龍馬は、天皇を求心力とする日本の歴史を熟知していた人なのだ。今月22日は126代目の天皇が内外に即位を宣言する即位礼正殿の儀が行われる。この長い歴史を喜び合いたい。