小田急マースアプリ10月末から提供 経路検索や無料バスチケット提供 - 産経ニュース

速報

速報

橋本大輝、個人総合で金メダル 体操男子

メインコンテンツ

小田急マースアプリ10月末から提供 経路検索や無料バスチケット提供

10月末から提供するMaaSアプリ「EMot」を紹介する小田急電鉄の星野晃司社長(右から2人目)=7日、東京都新宿区
10月末から提供するMaaSアプリ「EMot」を紹介する小田急電鉄の星野晃司社長(右から2人目)=7日、東京都新宿区

 小田急電鉄は7日、複数の交通手段を連携させる次世代移動サービス「MaaS(マース)」の一環で、電車やバス、タクシーなど各種乗り物を使った複合経路検索や電子チケットを利用できるアプリ「EMot(エモット)」を今月末から提供すると発表した。サービス開始時は小田急線沿線のみの提供だが、浜松市の遠州鉄道やJR九州もアプリを利用する予定で交通各社と全国展開を進める。

 複合経路検索は既に米グーグルなどさまざまなアプリでも利用可能だが、エモットの場合、経路検索に表示された各種交通手段の決済サイトや、予約アプリと連携している。例えば、小田急の新宿駅から箱根湯本駅までを検索すると、ロマンスカーの特急券購入サイトにスムーズに移行する。

 もう一つの特徴である電子チケットは、箱根地区の電車やバスが乗り放題になり観光施設の割引優待が受けられる「箱根フリーパス」や、新百合ケ丘駅(川崎市)の商業施設で買い物をした人に提供される同駅から自宅最寄りまでの「バスの無料乗車券」などの特典を盛り込んだ。3500円を支払うと新宿駅や新百合ケ丘駅のそば店などで10日間にわたり1回500円の食事ができる「飲食サブスク」も利用できる。星野晃司社長は「食事はマースとは直接関係はないが、まず興味を持ってもらおうと考えた」と述べた。

 アプリは来年3月10日までの実証実験だが、実験終了後そのまま正式サービスとすることも検討する。目標ダウンロード数は2万件。小田急の久富雅史経営戦略部長は「小田急のマースとしての強みは生活サービス。移動に価値をもたらすことができる」と指摘。将来的には海外で事例があるような、家を借りてもらうと移動手段も提供する「不動産と乗り物の組み合わせ」など、幅広い活用方法を検討するとしている。