【目黒女児虐待死、父親被告人質問詳報】(8完)元妻に涙声で「私のせいで本当に申し訳ない」 結愛ちゃんには「私が親になろうとしてごめんなさい」(4/8ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

目黒女児虐待死、父親被告人質問詳報

(8完)元妻に涙声で「私のせいで本当に申し訳ない」 結愛ちゃんには「私が親になろうとしてごめんなさい」

 弁護人「(元妻の)優里さんとも昨日、話しましたよね?」

 雄大被告「はい」

 弁護人「(優里さんが)証人として連れてこられてどう思いましたか」

 《再開後、よどみなく質問に答えていた雄大被告だったが、優里被告の話になると、涙声に変わった》

 雄大被告「私のせいで本当に申し訳ないと思います」

 弁護人「彼女が罪に問われていることはどう思いますか」

 雄大被告「私のせいなので、申し訳ないと思っています」

 弁護人「(優里さんから)『かかわらないでほしい』という発言もありました。どういう思いで聞いていましたか」

 雄大被告「心苦しいですが、それに従うべきだと思います」

 弁護人「今日はお父さんも話しました。どんな気持ちですか」

 雄大被告「私みたいな人間の父親で申し訳ないと思います」

 弁護人「法廷に来てくれたことに対しては?」

 雄大被告「体調が悪いと思いますが、父が来てくれてよかったなと思います」

 《弁護人の質問が結愛さんに及ぶと、雄大被告がはなをすする音がさらに頻繁に法廷に響く》