【目黒女児虐待死、父親被告人質問詳報】(7)裁判員「理想の家族とかけ離れている」「とにかくあり得ない、私の責任」(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

目黒女児虐待死、父親被告人質問詳報

(7)裁判員「理想の家族とかけ離れている」「とにかくあり得ない、私の責任」

船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパートの前に供えられたメッセージや花=東京都目黒区 
船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパートの前に供えられたメッセージや花=東京都目黒区 

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=を虐待して死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)の裁判員裁判の第4回公判は裁判員から雄大被告への質問が続いている。今回の裁判員は男性3人、女性3人。これまでの公判の内容を踏まえ、さまざまな観点から質問が出された》

 裁判員「昨日、(元妻の)優里被告が『12キロ台はやばい』と(雄大被告が)いっていたと証言していましたが、12キロ台との記録はないですが?」

 雄大被告「明確な記憶はないけれど、言ったことは事実だと思います。おそらく計って12キロ台になって言ったんじゃないかと思います」

 裁判員「東京で結愛ちゃんを置いて外出や観光や食事に行っていました。なぜ1人だけ留守番させたのですか」

 雄大被告「午前にも申し上げた気もしますが、エゴを強要する手段として、言うことを聞かないと連れて行かないと言ってやっていました」

 裁判員「では1度も言うことを聞かなかったということ?」

 雄大被告「言うことを聞くことがなかったというか、私が言っていることがむちゃくちゃだったと思います。それを私が言うことを聞かないと言い張ったと思います」

 裁判員「明るく笑顔のある家族を理想としていたということですが、これではかけ離れていたのでは?」

 雄大被告「あり得ないことと思うし、東京に来てからそういう精神状態じゃなくて。とにかくありえない、私の責任だと思います」

 《裁判員ならではの率直な問いに、雄大被告は自らの非を責めるように答えた。発言中も視線はほとんど動かないように見える。質問は裁判官からも飛んだ》

 裁判官「なぜ3月1日に結愛ちゃんが危険だと思ったのですか」

 雄大被告「嘔吐(おうと)の状態が変わって、良くなっていないからだと思いました」