【目黒女児虐待死、父親被告人質問詳報】(6)上京後の暴力は「多数回、多数日」 抵抗感「次第に薄れていった」(1/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

目黒女児虐待死、父親被告人質問詳報

(6)上京後の暴力は「多数回、多数日」 抵抗感「次第に薄れていった」

船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパート=東京都目黒区
船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパート=東京都目黒区

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=を虐待して死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)の裁判員裁判の第4回公判は、休廷を挟んで午後1時半頃、再開した》

 《午後は検察側の被告人質問から始まった。雄大被告は暗い表情で、うつむき加減で入廷。まばたきが多く、ごくりと、つばを飲むなど、どこか落ち着かない様子も見られた》

 《検察官は傍聴席には見えない形で、結愛ちゃんの体の傷のイラストを雄大被告に提示したようだ》

 検察官「右下の腕の傷は何によってできたものか分かりますか」

 雄大被告「具体的には分かりませんが、私が原因のものだと思います」

 検察官「背中の方について伺います。背中にL字型の弧を描くような傷がありますが、何によるものですか」

 雄大被告「これも同じく明確な、具体的なことは分からないですが、私が原因ではと思います」

 検察官「結愛ちゃんのいた6畳間に布団たたきがありましたが、布団たたきでたたいたということはありますか」

 雄大被告「分かりません」

 検察官「足の裏に左右で各20個ずつ丸い傷があります」

 雄大被告「明確なことは分かりません」

 《検察官は、雄大被告がインターネットで足が腫れているというような内容を検索した履歴があると指摘したが、雄大被告は「あるのかもしれません」と答えるのみ。これに対し、裁判長が、検索したということは何かを認識していたのではないかといった疑問を投げかけた》