大船渡高・佐々木朗希、12球団OK プロ志望表明「レベルの高いところでやりたい」

大船渡高の佐々木朗希投手(撮影・土谷創造)
大船渡高の佐々木朗希投手(撮影・土谷創造)

高校野球で球速163キロを記録したプロ注目の大型右腕、岩手県立大船渡高3年の佐々木朗希投手(17)は2日、プロ野球志望届を県高野連に提出したことを正式に明らかにした。午後6時から地元の大船渡市で記者会見した佐々木投手は「レベルの高いところでプレーしたいと思い、プロを志望した」と、プロを目指す決断をした理由を語った。

会見で佐々木投手は「子供たちに夢と希望を与える選手になりたい」と述べ、12球団のどこから指名されても入団する考えも明らかにした。

佐々木投手は190センチを超える長身から投げ下ろす右の本格派。4月の高校日本代表1次候補合宿で高校最速とされる163キロを計測するなど令和の怪物と呼ばれた。17日のドラフト会議では、日本ハムなど複数球団から1位指名される可能性がある。

今夏の岩手大会4回戦でも160キロをマークし、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が花巻東高(同県)時代に記録した公式戦最速記録に並んだ。

しかし、甲子園大会出場が懸かった花巻東との決勝では、故障回避のためとして登板せずにチームは敗れ、議論を呼んだ。8月末から韓国で行われた18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)に高校日本代表として臨んだものの、右手中指のまめの影響で実力を発揮できなかった。

佐々木投手は1日に県高野連にプロ志望届を提出していた。

会員限定記事会員サービス詳細