野田市長、花園ラグビー場振興の実績訴え4選 東大阪市長選

■■掲載えとき■■
東大阪市長選で4選を果たし、バンザイして喜ぶ野田義和氏(中央)
■■掲載えとき■■ 東大阪市長選で4選を果たし、バンザイして喜ぶ野田義和氏(中央)

 任期満了に伴う大阪府東大阪市長選と同市議選(定数38)は29日、投開票された。市長選では無所属現職の野田義和氏(62)が、無所属新人の浜正幸氏(67)=共産推薦=とNHKから国民を守る党新人の浜田聡氏(42)を破り、4選を果たした。市長選の投票率は38・91%で、前回(45・52%)を下回った。当日有権者数は39万9816人。

 市長選は3期12年におよぶ野田市政の評価のほか、子育てやまちづくり政策などが争点となった。

 同市小阪の野田氏の選挙事務所は「当選確実」の一報が入ると歓声が起きた。野田氏は支持者らとバンザイした後、「市民の声を聞きながら、改めて東大阪の市政を推進していきたい」などと語った。

 野田氏は今回、政党からの推薦を受けず「オール東大阪」を掲げて選挙戦に臨んだ。ラグビー・ワールドカップ日本大会会場の花園ラグビー場を中心としたスポーツの振興や中小企業のビジネス支援の推進などを訴え、幅広く支持を集めた。

 浜氏は行政の無駄に焦点を当て市政の転換を主張、浜田氏は「ネット選挙」を展開したが及ばなかった。

会員限定記事会員サービス詳細