浪速風

「日本発」の観戦マナーで実りあるW杯に

怒られるかもしれないが、日本にこれだけのラグビーファンがいるとは、思ってもいなかった。ワールドカップ(W杯)の盛況ぶりに、驚いている。と同時に、大会前にインタビューした元日本代表、大畑大介さんへの質問を後悔している。世間の関心は低いのではないか-と尋ねたのだ

▶「前回大会が開かれたイングランドでも、開幕1週間前までは静かなものでしたよ」と答えた大畑さんは「終わったときに『おもしろかった』と多くの人が思えるかが大切」と強調していた。今はその通りだと思う。大畑さんは「スポーツを楽しむ文化のテストケースになれば」とも話していた

▶外国勢同士の試合で、歌詞カードを見ながら外国の国歌を歌う日本の観客の姿が「日本ならではのおもてなし」として公式SNSで話題になっているという。礼儀正しさや相手を敬う気持ち…。日本が誇れるものはたくさんある。そんな観戦マナーが根付けば、実りあるW杯になる。