希少がんと共に生きる

宮川典子議員が残してくれたこと がん検診推奨は使命

 腹膜に散ったがん細胞は、CT(コンピューター断層撮影)検査では分からないほどミクロレベルに縮小した。だが、腹膜播種(はしゅ)が治ることはまれというのが、専門医の共通した見解だ。がん細胞が少しずつ大きくなっているのではないかと、おびえながら生きていくのは、なかなか辛いものがある。そんな経験をしたからこそ、がん検診の推奨を使命として、宮川氏の遺志を継いでいきたい。

 「よろしく頼むよ!」

 そんな声が聞こえてきそうだ。

(政治部 坂井広志)