ラグビーW杯

聖地のドラマにファン期待 22日に花園で初試合

完成してまもない頃の花園ラグビー場=昭和4年(近鉄グループホールディングス提供)
完成してまもない頃の花園ラグビー場=昭和4年(近鉄グループホールディングス提供)

 初の日本開催となったラグビー・ワールドカップ(W杯)。22日には、大阪府東大阪市の花園ラグビー場の初試合となるイタリア-ナミビア戦が開かれる。花園は約90年前に開場して以降、数々の名勝負を魅せてきた「ラグビーの聖地」。その後の人生を変えるほどの影響を受けた人も少なくない。今大会ではどのようなドラマが生まれるのか、ラグビーファンたちの高まる思いが交錯する。(江森梓、鈴木俊輔)

 「花園は世界に誇れるラグビー場。10年間、ホームグラウンドとしてプレーできたことを誇りに思う」

 試合開催を前に、ラグビー界のレジェンドで元日本代表の坂田好弘・関西ラグビー協会長(76)は語る。

 W杯ではイタリア-ナミビア戦をはじめ、計4試合が開催される予定の花園だが、その歴史は古い。

 東大阪市によると、昭和3年に昭和天皇の弟、秩父宮が大阪電気軌道(現近鉄)に乗車した際に同社役員に整備を提案したことを受け、翌年には全国初のラグビー専用グラウンドとして竣工(しゅんこう)。31年から平成14年には、社会人ラグビーチームの王者を決める「全国社会人ラグビー大会」も開かれ、スター選手らのプレーを一目でも見ようと多くのファンが足を運んだ。

* * *

 「子供のときからいろいろビッグゲームを目の当たりにして、ラグビーの魅力にはまっていましたね」

 東大阪市の橋本一吉さん(74)は懐かしそうに話す。ラグビー場は自宅から徒歩約10分の距離にあり、物心ついたときからシーズン中は毎週のように通っていた。印象に残っているのは、当時近鉄に所属していた坂田さんらのプレーだ。「まるでスピード感のある格闘技。とにかくかっこよかった」

会員限定記事会員サービス詳細