原発処理水「国会で論戦を」松井市長 小泉環境相に

 東京電力福島第1原発の汚染水浄化後の処理水をめぐり、政府が安全性を担保すれば、大阪湾への放出を容認する考えを示している松井一郎・大阪市長(日本維新の会代表)は18日、小泉進次郎環境相について「維新の国会議員団と国会で論戦してほしい」と述べた。市役所で記者団に語った。

 小泉氏は17日、松井氏が処理水の海洋放出を「環境大臣が決断すべきだ」と求めたことについて、「市長の考えを聞いてみたい」とした上で、「軽々に所管外の者が発言することで、福島のみなさんを傷つけることはあってはならない」と述べていた。

 小泉氏の反応を受け、松井氏は「『所管外』という言葉で難しい問題をスルーするのは残念。正面から受け止めて議論してほしい」と改めて要望。小泉氏との面会予定については「会って話すことは否定しないが、ぼくは国会議員でもないんでね。国会で議論すべきだと維新の議員団に伝えている」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細