現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「ボイス」耳に魅力ある社会を 早稲田大学教授・川本裕子

早稲田大学教授・川本裕子氏
早稲田大学教授・川本裕子氏

 経済の不透明感が高まっている。これまで金融緩和に大きく依存して景気を維持してきた経済政策だが、成長力を真に高める改革のスピードが現状のままでいいのか、ますます問われることになりそうだ。例えば、女性の活躍を重視したのは良い。保育所の増加などの政策努力により、女性の雇用は増え、M字カーブ(女性が結婚・出産で離職し、子育て後に労働市場に戻るので、就業率がMの形になること)も解消されつつある。確かに非正規労働者として働く女性は増加した。

 ≪黙って「離脱」してしまう≫

 ただし、2020年までに女性管理職を3割に、と掲げた目標は達成に程遠い。管理職比率は依然としてG7諸国中最下位であるだけでなく、世界経済フォーラム(WEF)のジェンダーギャップ(男女格差)の順位でも2018年に149カ国中110位と、2012年以降ずっと100以下が続いている。女性が男性と対等に能力を発揮し、経済にも貢献する社会に至る道筋は見えていない。

ランキング

  1. 【正論】突如一丸となる米の特性理解を 元駐米大使・加藤良三

  2. 【産経抄】8月17日

  3. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  4. 【産経抄】8月16日

  5. 【一筆多論】APが報じたソ連の蛮行 岡部伸

  6. 【主張】中国の科学力 専制主義と切り離せない

  7. 【社説検証】ペロシ米下院議長訪台 産経「米台団結具現した」 「なぜ今」と朝日は疑問視

  8. 【主張】終戦の日に 抑止力高め平和を次世代へ、首相と閣僚は靖国参拝を 論説委員長 榊原智

  9. 【主張】GDPの回復 物価高への警戒を怠るな

  10. 【主張】学校の半旗 弔意を妨げる方が問題だ

会員限定記事