速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

浪速風

キャッシュレス社会の便利さと隣り合わせにあるものは

中国の電子商取引(EC)最大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が10日、経営トップの会長職から退いた。電子決済「支付宝(アリペイ)」のサービスを手掛け、中国を世界有数のキャッシュレス決済社会に転換させた

▶かつて馬氏はメディアに語った。「何億人もの消費行動を収集し、ビッグデータをAI(人工知能)を使って分析していくことで、見えざる手が支配、最良とされてきた『市場経済』を超える新たな『計画経済』を目指す」。この野望が実現するとアダム・スミスの唱えた市場経済は終焉(しゅうえん)し、AIの管理者が「神の手」を操る時代になる

▶日本もキャッシュレスの普及を目指している。現在の比率は2割程度だが、令和7年までに4割にするのが目標だ。日中の国柄は違えど、キャッシュレス社会が大量の消費行動をビッグデータとして利用するのは変わらない。便利さと隣り合わせにある変化の意味を問い直したい。