80代女性カード盗まれる 財務局名乗る男に 横浜 

 神奈川県警戸塚署は、横浜市戸塚区に住む無職の80代女性が特殊詐欺グループにだまされ、キャッシュカード2枚を盗まれたと発表した。同署が窃盗事件として捜査している。

 同署によると、女性宅に6日正午ごろ、財務局の職員と警視庁の警察官を装った男2人から電話があり、「偽造されたあなた名義のキャッシュカードを使用した女を逮捕した」「あなたのカードはスキミングされている可能性があるので、これから財務局の者がうかがう」などと嘘を言われた。

 その後、自宅を訪れた財務局の職員を装った男の指示に従い、用意された封筒にキャッシュカードを入れたところ、目を離した隙に別の封筒とすり替えられ、カードを盗まれたという。 7日になって女性が不審に思い、封筒を開けたところ、中にはキャッシュカードのかわりにトランプが入っていた。女性から連絡を受けた県内に住む女性の妹が警察に通報した。女性は「自分がだまされると思っていなかった」などと話しているという。

会員限定記事会員サービス詳細