投手陣かみ合わない巨人、先発奮起も中継ぎ踏ん張れず

8回 巨人・中川皓太から左適時打を放つ中日・石垣 雅海=東京ドーム(斎藤浩一撮影)
8回 巨人・中川皓太から左適時打を放つ中日・石垣 雅海=東京ドーム(斎藤浩一撮影)

 中日が5日、巨人を下した。

 巨人は投手陣の歯車がかみ合わない。桜井が7回1安打無失点と完璧な投球を見せ、4戦ぶりに先発が試合を作ったが、中継ぎ陣が踏ん張れず、5連敗。原監督は「2イニングで2点を守れなかった」と唇をかんだ。

 勝ちパターンの継投が機能しなかった。2点リードの八回に投入した中川が2死一、三塁のピンチを招き、石垣にスライダーを痛打されて1点を返された。マシソンも勢いを止められず、福田に2点適時二塁打を許して一気に逆転。「下位チームにこういう形で負けるのはあってはいけない」と右腕は下を向いた。

 先発陣も、今村とメルセデスが結果を残せず2軍落ちしたばかり。4日の中日戦で2回4失点だったエース菅野は、腰痛でこの日出場選手登録を外れ、コマ不足に陥っている。5年ぶりのリーグ制覇へ、試練を迎えている。(小川寛太)

会員限定記事会員サービス詳細