山形女医殺害 鑑定留置9月まで延長 動機はいまだ不明のまま

山形女医殺害 鑑定留置9月まで延長 動機はいまだ不明のまま
山形女医殺害 鑑定留置9月まで延長 動機はいまだ不明のまま
その他の写真を見る (1/2枚)

 山形県東根市で眼科医、矢口智恵美さん=当時(50)=が自宅マンションで殺害された事件から3カ月以上が経過した。殺人と住居侵入容疑で山形大学人文社会科学部4年、加藤紘貴(ひろき)容疑者(24)が逮捕されたが、責任能力の有無などを調べるための鑑定留置中。留置期間は当初予定より1カ月延長され、事件の真相はいまだ明らかになっていない。(柏崎幸三)

評判のいい医師

 事件は5月19日夕、福島県内に住む矢口さんの弟が矢口さん方を訪ね、倒れている矢口さんを見つけ110番通報して発覚。部屋には大量の血痕が残っており、矢口さんの頭部は深く損傷していた。

 矢口さん方からは血の付いたゴルフのパターが発見され、これが凶器とみられている。パターは矢口さんのものだった。

 矢口さんは、山形県東根市の北村山公立病院に勤務後、平成19年8月に同県村山市に矢口眼科クリニックを開業(現在は閉院)。手術の腕がよく、丁寧な診療から患者からの信頼は厚かった。

 矢口さんが遺体となって見つかった前日の18日にもクリニックに出勤。その日夜はスタッフの歓迎会に出席して帰宅した。同日午後10時45分には、クリニックのスタッフと電話で会話したことが分かっている。

会員限定記事会員サービス詳細