スーパーマリオブラザーズの8bitマリオがデザインされたウオッチ
スーパーマリオブラザーズの8bitマリオがデザインされたウオッチ

 ALBA(アルバ)から、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」とのコラボレーションモデルが9月20日に発売されます。産経ネットショップでは、マリオやルイージの印象的なシーンをモチーフにしたスペシャル感満載の2シリーズ計6モデルの予約を2日から受け付けています。<産経ネットショップ>



 1985年に誕生してから30年以上を経た今も世界中で人気を誇る「スーパーマリオブラザーズ」。一方、「アルバ」はセイコーが展開するウォッチブランド。リーズナブルながらクラシックからカジュアルまで幅広いスタイルが楽しめると人気です。



 そのコラボモデルの一つがファミコン本体のデザインや色をモチーフにした「ファミコン マリオ」シリーズ。ACCK420はスーパースターとコインを追いかけているマリオ、ACCK421はファイヤーボールを投げるファイヤーマリオ、販路限定モデルのACCK711はスーパースターを取って無敵になっているマリオがデザインされています。本体ケースをファミコン本体に見立てて角型形状にし、コントローラーがデザインされています。3モデルとも1万5000円(税抜き)。



 「アクティブ マリオ」シリーズは、硬質コーティングを施したステンレススチールケースにナイロンバンドの軽量モデルで、普段使いだけでなく、アウトドアシーンにもマッチするカジュアルウォッチです。ACCK422はスターティングマリオ、ACCK423は地下のルイージ、ACCK424は、水の中を泳ぐマリオをデザイン。秒針にはスターが付いており、マリオがスターを追いかける様子を表現しています。3モデルとも1万円(税抜き)。



 6モデルとも、裏蓋にはスーパーマリオのロゴが施され、スーパーマリオのステージをデザインしたスペシャルボックスに収められています。



※流通限定モデルシャンパンゴールドACCK711は予約予定数の上限に達しました。9月20日の発売日以降の販売は未定です。
※価格などの情報は掲載日時点のものです。