速報

速報

猟銃立てこもり、男の身柄確保

衝撃事件の核心

カードすり替え詐欺はこうやって騙す ~犯行グループのマニュアル判明

特殊詐欺マニュアルを使った受け子の犯行のイメージ
特殊詐欺マニュアルを使った受け子の犯行のイメージ

警察官などをかたり、高齢者のキャッシュカードを入れた封筒を偽物とすり替える「カードすり替え詐欺盗」。最近、急増しているこの犯罪の手口の一端が、警察が押収したマニュアルから明らかになった。《「○○警察△△の件で伺いました。●●と申します」》《自分で封筒を持って自分でカードを入れる》。セリフや行動を細かく指示する内容からは、犯行に不慣れなアルバイト感覚の少年らを手足に使う組織の特性が見て取れる。

偽の封筒とすり替え

7月下旬、大阪府東大阪市内の路上。府警の捜査員が、80代女性からキャッシュカードをだまし取ろうとした詐欺未遂容疑で、住所不定の無職女(21)を逮捕した。女は特殊詐欺グループの一員で、被害者からカードを受け取る「受け子」。このグループの手口がカードのすり替え詐欺盗だった。

手口はこうだ。まず、警察官や銀行協会員を名乗る人物が高齢者宅に「あなたのキャッシュカードが偽造された可能性がある」などと嘘の電話をかける。その上で受け子が自宅を訪問。高齢者にカードと暗証番号を書いたメモを持参した封筒に入れさせ、封をして保管するよう指示する。

受け子はこの作業の過程で、事前に用意していたポイントカードなどが入った偽の封筒とすり替え、高齢者のカードを入手。偽の封筒が手元に残ることから、高齢者は被害に気付くのが遅れ、この間に詐欺グループはカードの限度額まで現金を引き出してしまう。

一定時間で消えるメッセージ

《すり替えの手順について》

府警が押収した女のスマートフォン内には、こんなタイトルのSNSのメッセージが残っていた。原文のまま紹介する。

(1)○○警察△△の件で伺いました。●●と申します。封入作業の件で伺いました。

(2)早速ですが、封入作業を行わせて頂きます。

・カラの封筒を出す

・カードをお願いします(お客様がカードを持ってくる)

【作業手順】