ひなちゃんパパの家族レシピ

イカとネギのぬた

イカとネギのぬた
イカとネギのぬた

猛暑が続くと脂っぽくなく、さっぱりとしたものが恋しくなりますね。こういうときにぴったりなのが和食。今日も冷たいそうめんにしようかな?

「そうめんもいいけれど、いつもとは違うそうめんで、さっぱりとした和総菜を作ってみましょうか」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が勧めてくれました。

用意したのは、刺し身用のイカを細~く切ったイカそうめんです。具材を酢みそであえる伝統的な和の味、「ぬた」を作ります。

ぬたは漢字で「沼田」とも書くそうで、何ともとろりとした酢みその雰囲気が出ていますね。

酢みそをおいしく作るポイントは、酢に火を通さないこと。みそ、砂糖、酒をよく混ぜてから火にかけ、弱火で1分ほど煮ます。余熱が通らないようにすぐに器に移し、酢を加え混ぜます。

出来上がった酢みそは、今日のところは半量を使います。「冷蔵庫で1週間は保存が利くので、まとめて作ってアレンジを楽しんでね」と、江上先生。キュウリやワカメ、ゆでダコ、蒸し鶏などにも合うとか。さらに、からしやわさびで爽やかな辛味を加えてもOKです。

さっとゆでた万能ネギとイカそうめんを酢みそであえれば出来上がり。みその芳醇(ほうじゅん)な風味とまろやかな酸味が食欲をそそります。ネギのシャキシャキと、イカのねっとりという食感のコントラストも絶妙です。イカは栄養ドリンクの成分で知られるタウリンが豊富。夏バテ解消にも、もってこいの一品です。(取材協力・江上料理学院)

《材料・3人分》

イカそうめん(刺し身、80グラム)…………………1パック

万能ネギ…………………5本

▽酢みそ(作りやすい量)

みそ50グラム、砂糖大さじ1、酒大さじ3、酢小さじ2

《作り方》

〔1〕万能ネギは根元を落とし、2~3秒さっとゆでる。冷水に取って水気をおさえ、3センチ長さに切る。

〔2〕小鍋にみそ、砂糖、酒を入れてよく混ぜる。弱火にかけて混ぜながら1分ほど煮、器に移す。酢を加え混ぜる。

〔3〕(1)、イカそうめんを合わせ、(2)の半量を加えてあえる。

〔4〕器に(3)を盛る。

ひなちゃんストラップ発売中(720円+送料155円)

産経広告社03・5259・8706(土日・祝日除く)