浪速風

「山の日」は挨拶の大切さ思い起こす日に

しばらく前、ふと思い立って宝塚から六甲山の最高峰を目指した。いわゆる六甲山縦走路を逆走するコース。関西のハイキングどころのひとつとあって、多くのハイカーとすれ違った。中には、山道を駆け抜けるトレイルランニングを楽しんでいる人もいた

▶ご存じの人も多いと思うが、山では、ひとつのルールが定着している。すれ違う度に「こんにちは」と声に出して挨拶することだ。声をかけられたら、同じように「こんにちは」と返す。見ず知らず同士だが、この習慣が心地いい

▶なぜ、挨拶するのか。「マナーだから」という以外に、「遭難時に挨拶した人が覚えていてくれ、捜索の手助けになる」「これから向かうコースの情報が得られる」-などの理由が挙げられる。東日本大震災後に盛んに放映されたACジャパンのCM「あいさつの魔法。」は、挨拶するたびに友達が増える内容だった。11日は「山の日」。挨拶の大切さを思い起こす日にしてもいい。