北外務省「新たな道を模索」と警告、米韓演習を合意違反と非難

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮外務省報道官は6日、米韓両軍が5日から開始した合同指揮所演習について、米朝両首脳や南北首脳間の合意に対する「露骨な無視、公然たる違反だ」と非難する談話を明らかにした。報道官は、つくり出された情勢が合意を履行する「わが方の意欲を急激に低下させ、今後の対話展望にもよくない影響を及ぼしている」と指摘。「わが方も新たな道を模索せざるを得なくなるかもしれない」と警告した。

 朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮は6日未明に南西部から飛翔(ひしょう)体を2回日本海に向けて発射しており、反発を行動で示した形だ。報道官は、米韓演習に対抗し、「わが方も国家防衛に必須の威力ある物理的手段を開発・実験・配備しなければならなくなる」とし、それについて米韓は「言う言葉がないだろう」と主張した。

 一方で「対話で問題を解決しようとするわが方の立場に変わりないが、軍事的敵対行為が続く限り、対話の動力は次第に消えることになるだろう」とも言及。米国や韓国が現在の状況を続けるなら「わが方は彼らが疲れ果てるほどに高い代価を支払うようにするだろう」との警告も行った。

会員限定記事会員サービス詳細