改憲派の離党に危機感 国民・玉木代表

党本部の開票センターで取材に答える国民民主党の玉木雄一郎代表=22日、東京都千代田区(松本健吾撮影)
党本部の開票センターで取材に答える国民民主党の玉木雄一郎代表=22日、東京都千代田区(松本健吾撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎代表が3日、東京都内で開かれた憲法イベントに参加し、与党との改憲論議に前向きに応じる理由の一端を説明した。「党首として『議論を全くしない』と宣言すると、(党内の改憲派に)『そんな党にはいられない』と抜けられて、結局、改憲勢力が国会発議に必要な3分の2の議席を確保してしまう」と述べ、政府・与党による一本釣りに警戒感を示した。

 9条改正については、自民党案を「あのままではだめだ」と否定的な考えを示す一方で、「環境が許せば国民民主の考えを示したい」と述べた。