劣悪保育のベビーホテル 改善従わず園名公表 静岡・掛川   

 夜間に園児だけで屋外に出るような劣悪な保育を行うなど基準違反が多いとして、静岡県は今年2月、掛川市二瀬川の認可外保育施設「ゆめあい保育園」(梅田雄司代表)に対して児童福祉法に基づく改善を勧告。その後も改善が見られなかったことから、2日に施設名の公表に踏み切った。

 認可外保育施設への改善勧告と公表は本県初。県福祉指導課は「同園には子供の安全を考える意識が欠けているとしか思えない」と厳しく指弾した。

 同園は午後7時~翌午前2時まで開所する定員12人のベビーホテル。平成27年4月の設立当初から保育者が不足しており、改善勧告まで12回にわたって県の立ち入り調査を受けた。県は勧告の中で、常に複数の保育者を配置する▽保育者の約3分の1を有資格者とする▽保育室以外での保育を行わない-など12項目にわたって改善を求めた。しかし、期限を過ぎても1項目を除いて改善されなかった。

 29年10月の午後10時ごろには園の前の県道で子供2人が寝転がっていると通報があり、30年6月の午後8時ごろには園の前の歩道に出て遊んでいた子供10人が近隣住民に園まで連れ戻されている。いずれも現場に保育者はいなかった。

 県は同園に対し、速やかに改善されない場合は事業停止や施設閉鎖命令などの措置をとると警告し、在籍する約10人の受け入れ先を探している。