料理と酒

ジャージャー麺ではありません…盛岡のじゃじゃ麺です

岩手県の郷土料理第2弾です。「わんこそば」「冷麺」と並んで、盛岡三大麺に数えられるのが「じゃじゃ麺」です。中華料理の肉味噌麺「ジャージャー麺」とは麺も味も全く違います。戦後に満州から引き揚げてきた人が試行錯誤の末に完成させたものが発端で、今では数十店舗が盛岡で営業しているそうです。

平打ちの特製うどんを使いますが、本場のものが手に入らなかったのできしめんで代用しました。一番の特徴は2度おいしいこと。麺に乗せたゴマの香りが漂う肉味噌とキュウリ、ネギをよくかき混ぜて、まずは麺を食べます。次に、麺を少し残したところに卵を割り入れて、きしめんの茹で汁と肉味噌を加えて卵スープを作り頂きます。これを「ちーたん」と呼びます。ニンニクやラー油、酢などをお好みで加え、いろいろ試しながら食べるのも楽しみのひとつです。

ゴマの香りが漂う肉味噌の味。ビールとの相性がいいと思います。(速水裕樹)

【材料】2人分

豚ひき肉……50g

タマネギ……1/2個

ニンニク……1片

ショウガ……1片

ゴマ油………大さじ1

水……………大さじ4

味噌…………大さじ2

酒……………大さじ1

みりん………大さじ1

醤油…………小さじ2

砂糖…………小さじ1

酢……………小さじ2

すり黒ゴマ…大さじ2

すり白ゴマ…大さじ2

ネギ…………10センチ

キュウリ……1本

ニンニク……1片

ショウガ……1片

ラー油………適量

酢……………適量

きしめん……2玉

卵……………2個

【作り方】

1.フライパンにゴマ油を入れて火をつけ、みじん切りにしたニンニクとショウガを入れて炒める。香りが出てきたら豚ひき肉、みじん切りにしたタマネギを入れて炒める。タマネギが透きとおるようになったら、味噌、酒、みりん、醤油、砂糖、酢、すり黒ゴマ、すり白ゴマ、水を入れて煮込む。とろりとしてきたら火を止める。これで肉味噌の完成

2.ネギは薄く輪切りにする。キュウリは細切りにする

3.きしめんを表示通りに茹でる

4.どんぶりにきしめんを盛り、肉味噌、きゅうり、ネギを乗せて、最後にすりおろしたニンニクとショウガを乗せて、一旦これで完成。ラー油、酢をお好みでかけて食べる

5.最後のひと口を残して、卵を割り入れ、かき混ぜる

6.きしめんの茹で汁を注いで、肉味噌も加えてかき混ぜ、卵スープ(ちーたん)をつくり、お好みでラー油などをかけていただく

会員限定記事会員サービス詳細