父の教え

女優・大和田美帆さん それぞれの「普通」に納得

【父の教え】女優・大和田美帆さん それぞれの「普通」に納得
【父の教え】女優・大和田美帆さん それぞれの「普通」に納得
その他の写真を見る (1/2枚)

 両親が有名俳優、その一人娘というプロフィルから、「さぞ甘やかされたでしょう?」と言われることがある。しかし、父で俳優の大和田獏さんは「甘くない。厳しい父」だった。

 「昔はパパなんていなくなればいい、と思っていました」

 おもちゃの「たまごっち」や携帯電話。「だってみんなが持っているから」とねだる美帆さんに、獏さんは「その理由では僕は買ってあげられない」と首を振り、「どうしても欲しいなら他の理由を」と宿題を出した。

 門限も厳格だった。高校時代、仲良しグループのお泊まり会。美帆さんだけ父に「ダメ」と言われ、泣きながら帰った。

 厳しさの裏にある父の本心を知ったのは、美帆さんが二十歳を過ぎたころだ。酒を酌み交わしながら獏さんが、ぽつり、「しんどかった。(お泊まり会に)行っておいでっていったほうがよかったのかと、眠れない日があった」と明かした。

会員限定記事会員サービス詳細