改憲議論の呼びかけ強化を確認 自民各派閥事務総長

 自民党各派閥と谷垣グループの事務総長らが30日夜、東京都内で会食し、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正議論の進展に向け、党内外への呼びかけを強める方針を確認した。

 参院選でれいわ新選組から重い身体障害がある2人が初当選したことに関し、出席者から「大きな一石を投じた。衆院でもバリアフリー化を考えないといけない」との発言があったという。

 参院選の結果分析も行われ、自民党が東北地方の改選1人区で苦戦を強いられたことについて「結局は候補者本人の問題だ」といった意見も出たという。

会員限定記事会員サービス詳細