習志野が春夏連続甲子園出場 千葉大会決勝で八千代松陰破る

【高校野球 千葉県大会決勝 習志野対八千代松陰】胴上げされる習志野・小林徹監督=25日、ZOZOマリンスタジアム(加藤圭祐撮影)
【高校野球 千葉県大会決勝 習志野対八千代松陰】胴上げされる習志野・小林徹監督=25日、ZOZOマリンスタジアム(加藤圭祐撮影)

 第101回全国高校野球選手権千葉大会は25日、ZOZOマリンスタジアムで決勝が行われ、習志野が八千代松陰を8-1で破り、8年ぶり9度目の夏の甲子園出場を決めた。習志野は今春の選抜高校野球大会で準優勝しており、春夏連続での甲子園出場となる。

 投打ががっちりとかみ合ったAシード(春県大会優勝)の習志野が、左右2枚エースを軸とした堅い守りと長打力でノーシードから勝ち上がった八千代松陰を退けた。先発した習志野の2年生左腕・山内は1失点完投で、打っても5打数2安打2打点と活躍した。

 習志野は一回表、八千代松陰のエース川和田の立ち上がりを攻め、1番・根本の先頭打者アーチと6番・和田の中前打で2点を先制。四回は和田の本塁打、五回は5番・高橋の中越え二塁打、六回は8番・山内の本塁打で1点ずつを加点し、試合の主導権を握った。

 七回は川和田から代わった八千代松陰の左腕エース広瀬を攻め、相手エラーを絡めて1点を追加。九回は3番手・樋熊から7番・兼子の左前打と山内の左中間二塁打で2点を挙げ、勝利を決定づけた。

 八千代松陰は八回裏、7番・水野が左中間三塁打を放って出塁。代打・永戸の深い遊ゴロの間に1点を返し、一矢を報いた。ただ、習志野先発・山内の前に強力打線が2安打に抑えられ、21年ぶり2度目の夏の甲子園出場はならなかった。

 習志野は8月6日から甲子園球場(兵庫県)で行われる全国大会に出場する。

会員限定記事会員サービス詳細